新型アクア2016特別仕様車 S“Style Black”とSグレードの違いは?値引き額や保険相場も

トヨタの人気車種の新型アクアが、特別仕様車 S“Style Black”を5月12日発売しました。

S“Style Black”はSグレードがベースになっているということで、特別仕様車とSグレードがどのような違いがあるのかを解説していきます。

新型アクア2016特別仕様車 S“Style Black”について

新型アクア特別仕様車S“Style Black”は、アクアが国内販売累計100万台を突破したことを記念として登場したモデルですが、ベースになっているSグレードと比較してみると特にインテリア面の変更に力を入れているようです。

新型アクア2016S“Style Black”とSグレード違いについて

まずはスペック上からの比較をしていきましょう。​

スペック アクアS“Style Black” アクアSグレード
全長x全幅x全高(mm) 3995×1695×1455mm 3995×1695×1455mm
ホイールベース(mm) 2550mm 2550mm
エンジン 1NZ-FXE 1NZ-FXE
最高出力 74ps(54kW)/4800rpm 74ps(54kW)/4800rpm
最大トルク 11.3kg・m(111N・m)/3600~4400rpm 9.4kg・m(92N・m)/4400rpm
JC08モード燃費(km/L) 37.0km/リットル 37.0km/リットル
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン
駆動方式 FF FF
トランスミッション CVT(無段変速車) CVT(無段変速車)

 

見ていただいた通り、新型アクア特別仕様車S“Style Black”と現行モデルのアクアSグレードはスペックとしては全く同じ性能になっているので違いはありません。

 

新型アクア2016S“Style Black”の装備について

グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
S“Style Black” 水冷直列4気筒DOHC+モーター CVT FF 1,996,037円

 

新型アクア特別仕様車S“Style Black”は、外観にはアウトサイドドアハンドルと
バックドアガーニッシュにメッキ加飾を施し、高級感のある仕上がりになっています。

 

3e3826acaa38bfc193f88281244d5dca (2)317b4604902b4afd3dc2c8104295aaa1 3d5c6e8759073aab9667cd17470269db908405feb4a84abd27665bf3cc397d8c

 

また内装については、インストルメントパネル助手席オーナメントに合皮を採用、パワーウィンドゥスイッチベースにピアノブラック加工を追加し、4本スポークウレタンステアリングホイールにラメ入りピアノブラック加工を施し、高級感もあり大人な雰囲気に仕上がっていて、Sグレードと比較してもその差は歴然です。

 

carlineup_aqua_grade_special2_3_02_pccarlineup_aqua_grade_special2_3_03_pc carlineup_aqua_grade_special2_3_14_pccarlineup_aqua_grade_special2_3_15_pc

画像出典元:http://car-sokuhou.com/wp-content/uploads/2016/05/3e3826acaa38bfc193f88281244d5dca.jpg

 

新型アクア2016S“Style Black”の維持費(車税・車検代相場)

新型アクアS“Style Black”は、エコカー減税の対象車種になりますので、どのくらい減税されるのか以下で確認ください。

 

エコカー減税自動車重量税100% + 自動車取得税100%+ 自動車グリーン税制(概ね75%)

グレード 駆動 メーカー
希望小売価格
(消費税抜き)
減税額 減税合計
自動車重量税 自動車取得税 自動車グリーン税制
(登録翌年度)
特別仕様車 S“Style Black”  2WD 1,996,037円
(1,848,182円)
約22,500円 約49,800円 約25,500円  約97,800円

参考:トヨタ公式ページ

 

新型アクア2016S“Style Black”の保険料相場

保険料モデル年式 23歳 34歳 45歳
等級
(保険料割引率)
7
(20%引き)
13
(50%引き)
18
(60%引き)
運転者年齢条件 21歳以上補償 26歳以上補償 35歳以上補償
月払い保険料
(車両保険なし)
4,720円 2,140円 1,630円
月払い保険料
(エコノミー車両保険つき)
7,310円 3,440円 2,630円
月払い保険料
(フルカバー車両保険つき)
12,950円 6,250円 4,790円
年払い保険料
(車両保険なし)
53,980円 24,520円 18,650円
年払い保険料
(エコノミー車両保険つき)
83,660円 39,340円 30,070円
年払い保険料
(フルカバー車両保険つき)
148,050円 71,500円 54,820円

※補償内容は対人無制限、対物無制限、人身傷害5,000万
※2.保険料は年齢、補償内容、保険会社、等級、車種によって変わります。

また、使用用途によっても保険料は変わってきますので、まずは色々な保険会社の見積もりを出してご自身に合った保険を選ぶことをお勧めします。

現在インターネットであれば、複数の保険会社の見積もりを一括で無料見積もりを出せるサービスがあります。

従来の保険と違って、面倒な勧誘電話や訪問などもありませんし、各種保険会社の保険料を一覧で見ることができますので保険選びとしては非常に便利です。

新型アクア2016S“Style Black” の値引きについて

新型アクアS“Style Black”の値引きに関してですが、 オプションも含んだ平均値引きとしては24万円程度になっています。目標としては35万円はいきたいところです。

 

新型アクア2016S“Style Black” と引き合いに出すライバル車種

新型アクアS“Style Black”と引き合いに出すライバル車種でいうと、

・ホンダ フィットハイブリッド

・トヨタ プリウスハイブリッド

・マツダ デミオ

・スズキ イグニス

このあたりが妥当ではないでしょうか。

特に、トヨタプリウスハイブリッド、ホンダフィットを引き合いに出していくと値引きしやすい状況に持ち込めるのではないでしょうか。

 

下取り車種がある場合はどうすべきか?

ディーラーにて新車購入をするときに注意したいのが

「下取り車で調整します。」

という営業マンの対応トークです。

本当は値引きは難しいのだけれども、下取り車を高く買い取る形で結果的に新車を安く見せる。という営業トークなのですが、これは業界の人間から言わせればお客側に何も得はありません。

何故ならば、ディーラーに下取りを出しても相場以下の金額でしか買い取らないからです。

中古車の買取専門業車に依頼をすれば、150万円で売れた車がディーラーに下取りを出すと100万円で終わる。なんてことも珍しくないのが現状です。

ですので、まずはディーラーに欲しい車を見に行く前に、まずは中古車買取業車の見積もりを取っておいて、今あなたが乗っている車の買取相場を把握してから行くと良いでしょう。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スクリーンショット 2016-05-31 19.57.51

・車種名を購入して友人や知り合いに言ったらバカにされた。

・それなら、○○をやってから買えば良かったのに!

・こんなことなら、もっと早くに気付いておけば良かった!

そうならない為に一度チェックしておきましょう。

シェアをして車買取情報.comを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です