プレミオ/アリオンのモデルチェンジの画像!値引き・納期・買取相場も!

トヨタのミドルサイズセダンのプレミオ、アリオンが2016年6月13日にモデルチェンジをして登場します。

情報を先取りして見た車体としては、ちょっと小型のクラウンって感じでなかなかカッコ良い!

こちらでは、新型プレミオ/アリオンの画像や値引き情報、納期や買取相場などについて解説していきます。

 

プレミオ/アリオンについて

スクリーンショット 2016-06-03 22.51.12スクリーンショット 2016-06-03 22.53.20

↑がプレミオで、↓がアリオン。コロナとカリーナの後継者として2,001年から発売されたミドルサイズセダンで、左の画像が初代、右の画像が2台目となります。

スクリーンショット 2016-06-03 23.11.23スクリーンショット 2016-06-03 23.12.28

プレミオとアリオンは姉妹車として販売されており、高級感を出して落ち着いた雰囲気を演出しているのがプレミオ、ダイナミックでスポーティーな印象を強めているのがアリオンです。

 

プレミオ/アリオンの新型・旧型の違い

では、こんかいのマイナーチェンジ、モデルチェンジでどのような外装になるのかというとコレ。

【プレミオ】

IMG_1049

【アリオン】

IMG_1050

ヘッドライト周りがかなりシャープになり、クラウンほどではないですがグリルもガバッと下まで伸びるようなイマドキ風のデザインへと生まれ変わりました。

中高齢者の方が愛用する車というイメージが強かったプレミオとアリオンですが、一気に若返ったような感じですね。

 

新型プレミオ/アリオンの価格や装備について

駆動方式 グレード 価格
FF A15 1,897,855円
FF A15・Gパッケージ 2,086,363円
FF A15・Gプラスパッケージ 2,491,855円
FF A18 2,032,362円
FF A18・Gパッケージ 2,239,527円
FF A18・Gプラスパッケージ 2,491,855円
FF A20 2,406,763円
FF A20・Gプラスパッケージ 2,650,909円
4WD A18 2,226,763円
4WD A18・Gパッケージ 2,433,927円
4WD A18・Gプラスパッケージ 2,675,455円

今回のプレミオ、アリオンに関しては従来のモデルに比べて6〜17万円ほどの値上げとなるのですが、自動ブレーキのトヨタセーフティセンスCを標準装備。

トヨタセーフティセンスCとは

・プリクラッシュセーフティシステム
警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキの3段階で衝突を回避、または被害軽減をサポートします。
レーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで前方を監視。
先行車の動きや自車との距離を見張っています。

・レーンディパーチャーアラート
単眼カメラで道路上の白線(黄線)を認識しながら走行。
ウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性があるとき、ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起します。

・オートマチックハイビーム
夜間走行時に、単眼カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。
切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減し、遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度を高めることで、
ドライバーの前方視界確保をアシストします。

このような安全運転アシストシステムが内蔵されます。

 

新型プレミオ、アリオンの維持費(車税・車検代相場)

自動車税39500円/重量税15000円/自賠責11235円

 

プレミオ、アリオンの買取相場や中古・型落ち相場について

今回のモデルで3代目となるプレミオ、アリオンですが、全体的に4WD車が寝落ちしない傾向にあります。

また、初期の型であれば色悪(水色等)の車種は安いので30万円台、黒やパールといった人気色で70万円台となっております。

マイナー前の低走行距離の年式が新しい車種であれば200万円以上ついている車もあります。

 

新型プレミオ、アリオンの保険料相場

保険料 運転者
年齢、性別
免許の色、
等級
使用目的、
年間走行距離
補償内容
60,000 47歳(男性) ブルー20等級 日常・レジャー
3001
~4000km
車両保険:一般
対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:無制限
家族限定特約:夫婦限定特約
搭乗者傷害保険:2,000万円
人身傷害補償保険:5,000万円
29,000 51歳(女性) ブルー16等級 日常・レジャー
4001
~5000km
車両保険:一般
対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:無制限
家族限定特約:なし
搭乗者傷害保険:1,000万円
人身傷害補償保険:3,000万円
57,530 39歳(男性) ゴールド12等級 日常・レジャー
~3000km
車両保険:一般
対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:無制限
家族限定特約:夫婦限定特約
搭乗者傷害保険:1,000万円
人身傷害補償保険:3,000万円
51,000 31歳(男性) ブルー20等級 日常・レジャー
~3000km
車両保険:一般
対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:無制限
家族限定特約:なし
搭乗者傷害保険:1,000万円
人身傷害補償保険:3,000万円
37,200 51歳(女性) ゴールド20等級 日常・レジャー
~3000km
車両保険:一般
対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:1,000万円
家族限定特約:夫婦限定特約
搭乗者傷害保険:1,000万円
人身傷害補償保険:3,000万円
30,000 44歳(女性) ゴールド17等級 日常・レジャー
4001
~5000km
車両保険:なし
対人賠償責任保険:無制限
対物賠償責任保険:無制限
家族限定特約:家族限定特約
搭乗者傷害保険:500万円
人身傷害補償保険:3,000万円

※2.保険料は年齢、補償内容、保険会社、等級、車種によって変わります。

また、使用用途によっても保険料は変わってきますので、まずは色々な保険会社の見積もりを出してご自身に合った保険を選ぶことをお勧めします。

現在インターネットであれば、複数の保険会社の見積もりを一括で無料見積もりを出せるサービスがあります。

従来の保険と違って、面倒な勧誘電話や訪問などもありませんし、各種保険会社の保険料を一覧で見ることができますので保険選びとしては非常に便利です。

 

新型プレミオ、アリオンの納期や値引きについて

5ナンバーのミドルサイズセダンの需要がプリウス登場と共に薄れている感じですが、ディーラー的にもどれくらい力を入れて売り出してくるかによっても値引きが変わってきます。

平均的にこの手のセダンは20〜30万円くらいの値引きが基本ですが、ライバル車種を引き合いに出したりして40〜50万円の値引きに挑戦しましょう。

納期に関しては、大体1ヶ月〜1ヶ月半ほどを目安にしておくと良いです。

 

新型プレミオ、アリオンと引き合いに出すライバル車種

プレミオ、アリオンと引き合いに出すライバル車種といえば・・・

・日産:ティーダラティオ

・ホンダ:グレイス

この辺の車種を引き合いに出すと良いでしょう。

 

下取り車種がある場合はどうすべきか?

ディーラーにて新車購入をするときに注意したいのが

「下取り車で調整します。」

という営業マンの対応トークです。

本当は値引きは難しいのだけれども、下取り車を高く買い取る形で結果的に新車を安く見せる。という営業トークなのですが、これは業界の人間から言わせればお客側に何も得はありません。

何故ならば、ディーラーに下取りを出しても相場以下の金額でしか買い取らないからです。

中古車の買取専門業車に依頼をすれば、150万円で売れた車がディーラーに下取りを出すと100万円で終わる。なんてことも珍しくないのが現状です。

ですので、まずはディーラーに欲しい車を見に行く前に、まずは中古車買取業車の見積もりを取っておいて、今あなたが乗っている車の買取相場を把握してから行くと良いでしょう。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スクリーンショット 2016-05-31 19.57.51

・車種名を購入して友人や知り合いに言ったらバカにされた。

・それなら、○○をやってから買えば良かったのに!

・こんなことなら、もっと早くに気付いておけば良かった!

そうならない為に一度チェックしておきましょう。

シェアをして車買取情報.comを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です