新型エスティマ2016年6月マイナーチェンジして登場!スペック・価格・値引き額は?

2006年に3代目になる現行モデルが誕生してからいまだ人気を誇るL サイズミニバンエスティマが10年の時を経てマイナーチェンジした新型エスティマとして2016年6月に発売されます。

ここでは、マイナーチェンジされ進化した新型エスティマのスペック、価格、納期、値引きについて解説していきます。

新型エスティマ2016について

147-1

新型エスティマは、現行アルファード/ヴェルファイアの3.5Lグレードにも採用されている、2GR-FE型 3.5L V6 DOHCエンジンが搭載のGグレードが廃止されることになり、グレードはアエラスのみに一本化されるようです。

 

新型エスティマのスペック

スペック 新型エスティマガゾリン(FF/4DW) 新型エスティマハイブリッド
全長x全幅x全高(mm) 4815×1820×1745mm 4815×1820×1760mm
ホイールベース(mm) 2950mm 2950mm
エンジン 2AZ-FE 2AZ-FE
最高出力 170ps/6000rpm 150ps/6000rpm
最大トルク 22.8kgf.m/4000rpm 19.4kgf.m/4000rpm
JC08モード燃費(km/L) 11.4km/L(FF)11.2km/L(4WD) 18.0km/L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン
駆動方式 FF/4WD E-Four(4WD)
トランスミッション Super CVT-i(無段変速車) Super CVT-i(無段変速車)

 

新型エスティマのスペックとしては、2GR-FE型 3.5L V6 DOHCエンジンが廃止されたこと以外は大きな変更はないようです。

安全性能に関しては、トヨタの先進安全技術の衝突軽減システム「セーフティーセンス」が標準装備されるとのことです。

新型エスティマのグレード別価格や装備について

グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
アエラス 2.4L 直4 DOHC CVT 2WD(7人乗り) 3,312,655円
2WD(8人乗り) 3,271,418円
4WD 3,538,655円
アエラスプレミアム 2WD 3,401,018円
4WD 3,627,018円
アエラススマート 2WD 3,514,909円
4WD 3,740,909円
アエラスプレミアムG 2WD 3,700,473円
4WD 3,926,473円
アエラスハイブリッド 4WD(7人乗り) 4,352,400円
4WD(8人乗り) 4,311,163円
アエラスプレミアムハイブリッド 4WD 4,391,673円
アエラススマートハイブリッド 4WD 4,532,073円
アエラスプレミアムGハイブリッド 4WD 4,928,727円

 

外観に関しては、フロントフェイスにトヨタ独自のデザインのキーンルックを採用しているのでかなり力強い印象の仕上がりになっています。

 

ヘッドランプには新型プリウスPHVにも採用されているBi-Beam LEDヘッドランプを全車に標準装備。

新型プリウスPHVのスペックや装備、価格や値引きについて

 

リアのコンビランプデザインも変更となりエクステリアが全面改良されているようです。

estima_new_9381 estima_new_9382 estima_new_9385 estima_new_9386

画像出典:http://blog-imgs-96.fc2.com/c/a/r/carinfoj/estima_new_9386.jpg

 

新型エスティマの維持費(車税・車検代相場)

エコカー減税対象外となる自動車に対して経過的措置【自動車重量税:本則税率】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税抜き)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード名/駆動 減税 納付額 減税 納付額 減税 納付額
2.4L アエラス
“レザーパッケージ”
(7人乗り)(2WD)
3,637,637円
(3,368,182円)
30,000
約91,000
45,000
2.4L アエラス
“レザーパッケージ”
(7人乗り)(4WD)
3,853,637円
(3,568,182円)
30,000
約96,400
45,000
2.4L アエラス
(7人乗り)(2WD)
3,145,745円
(2,912,727円)
30,000
約78,700
45,000
2.4L アエラス
(7人乗り)(4WD)
3,361,745円
(3,112,727円)
30,000
約84,000
45,000
2.4L アエラス
(8人乗り)(4WD)
3,320,509円
(3,074,545円)
30,000
約83,000
45,000
2.4L G
(7人乗り)(2WD)
3,382,363円
(3,131,818円)
30,000
約84,500
45,000
2.4L G
(7人乗り)(4WD)
3,598,363円
(3,331,818円)
30,000
約90,000
45,000
2.4L X
(8人乗り)(4WD)
3,094,691円
(2,865,455円)
30,000
約77,400
45,000
特別仕様車
2.4Lアエラス
“Premium Edition”
(7人乗り)(2WD)
3,228,218円
(2,989,091円)
30,000
約80,900
45,000
特別仕様車
2.4Lアエラス
“Premium Edition”
(7人乗り)(4WD)
3,444,218円
(3,189,091円)
30,000
約84,100
45,000
特別仕様車
2.4Lアエラス
“VERY Edition”
(2WD)
3,338,182円
(3,090,909円)
30,000
約83,500
45,000
特別仕様車
2.4Lアエラス
“VERY Edition”
(4WD)
3,554,182円
(3,290,909円)
30,000
約88,900
45,000
2.4L アエラス(※1)
(7人乗り)(2WD)
3,157,000円
(消費税非課税)
30,000
約85,400
45,000
2.4L アエラス(※1)
(7人乗り)(4WD)
3,357,000円
(消費税非課税)
30,000
約90,700
45,000
2.4L X(※1)
(7人乗り)(2WD)
2,975,000円
(消費税非課税)
30,000
約79,200
45,000
2.4L X(※1)
(7人乗り)(4WD)
3,175,000円
(消費税非課税)
30,000
約85,900
45,000

 

エスティマの買取相場や中古・型落ち相場について

エスティマは3代目の現行モデルが発売されたのが10年が経っていますが、その現行モデルが2015年の新車乗用車販売台数ランキングに入っているほど人気の高い車種です。

平成18年式の10年落ちエスティマ アエラスでも、40万近い査定がついた例もありますのでさらに年式や状態などの条件がそろえばさらに高額で売却することも期待できそうです。

新型エスティマの保険料相場

保険料モデル年式 23歳 34歳 45歳
等級
(保険料割引率)
7
(20%引き)
13
(50%引き)
18
(60%引き)
運転者年齢条件 21歳以上補償 26歳以上補償 35歳以上補償
月払い保険料
(車両保険なし)
6,120円 2,770円 2,110円
月払い保険料
(エコノミー車両保険つき)
9,230円 4,210円 3,220円
月払い保険料
(フルカバー車両保険つき)
15,980円 7,330円 5,620円
年払い保険料
(車両保険なし)
69,960円 31,720円 24,140円
年払い保険料
(エコノミー車両保険つき)
105,540円 48,170円 36,810円
年払い保険料
(フルカバー車両保険つき)
182,730円 83,850円 64,280円

※補償内容は対人無制限、対物無制限、人身傷害5,000万
※2.保険料は年齢、補償内容、保険会社、等級、車種によって変わります。

また、使用用途によっても保険料は変わってきますので、まずは色々な保険会社の見積もりを出してご自身に合った保険を選ぶことをお勧めします。

現在インターネットであれば、複数の保険会社の見積もりを一括で無料見積もりを出せるサービスがあります。

従来の保険と違って、面倒な勧誘電話や訪問などもありませんし、各種保険会社の保険料を一覧で見ることができますので保険選びとしては非常に便利です。

 

新型エスティマの値引きについて

新型エスティマの値引きに関してですが、大体30万円~35万円程度になっています。

目標としては、40万円はいきたいところですが、月末近くや決算、土日にイベントなどもやっているのでそこを狙って最大値引きを勝ち取りましょう。

新型エスティマと引き合いに出すライバル車種

新型エスティマと引き合いに出すライバル車種で言えば、

・ホンダ オデッセイ

・スバル エクシーガ

・トヨタ アルファード

・トヨタ ヴァルファイア

このあたりが妥当ではないでしょうか。

 

アルファード30系の特別仕様車タイプブラック情報まとめ

ヴェルファイア30系特別仕様車ゴールデンアイズの違いについて

 

特にホンダオデッセイは、燃費に関してはエスティマに勝っていますし、エスティマのライバルとして引き合いに出していくことお勧めします。

下取り車種がある場合はどうすべきか?

ディーラーにて新車購入をするときに注意したいのが

「下取り車で調整します。」

という営業マンの対応トークです。

本当は値引きは難しいのだけれども、下取り車を高く買い取る形で結果的に新車を安く見せる。という営業トークなのですが、これは業界の人間から言わせればお客側に何も得はありません。

何故ならば、ディーラーに下取りを出しても相場以下の金額でしか買い取らないからです。

中古車の買取専門業車に依頼をすれば、150万円で売れた車がディーラーに下取りを出すと100万円で終わる。なんてことも珍しくないのが現状です。

ですので、まずはディーラーに欲しい車を見に行く前に、まずは中古車買取業車の見積もりを取っておいて、今あなたが乗っている車の買取相場を把握してから行くと良いでしょう。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スクリーンショット 2016-05-31 19.57.51

・車種名を購入して友人や知り合いに言ったらバカにされた。

・それなら、○○をやってから買えば良かったのに!

・こんなことなら、もっと早くに気付いておけば良かった!

そうならない為に一度チェックしておきましょう。

シェアをして車買取情報.comを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です