新型メルセデス・ベンツEクラス 2016 画像・スペック・装備・値引き額も

メルセデス・ベンツEクラスの新型がフルモデルチェンジしてガソリンモデルが2016年7月9日から、ディーセルモデルが9月から発売を開始します。

ここでは、新型メルセデス・ベンツEクラスの画像、スペック、装備や値引き額についても解説していきます。

新型メルセデス・ベンツEクラスについて

フルモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツEクラスは、エクステリアはCクラスやSLクラスを思わせるような外観で、オートノマスドライブ(自動運転)に向けてさまざまな新機軸が採用され、安全性能も充実しています。

 

メルセデス・ベンツEクラスの新型・旧型の違い

新型メルセデス・ベンツEクラスと現行モデルではまずエクステリアが大きく変わっていて、よりスポーティーな仕上がりになっています。

 

メルセデス・ベンツEクラス現行モデル

e102 e110

メルセデス・ベンツEクラス新型

00-2 00-4

 

また、84個のLEDを組み合わせた新型ヘッドライト「マルチビームLEDヘッドライト」を採用。

前を走行中の車に光を当てないアダプティブヘッドライトや、ナビと連動して交差点では配光を調節するなどかなり高性能なヘッドライトに仕上がっています。

 

20160103011855e60s 20160103011857098s

 

インテリアに関しては、よりラグジュアリーな仕上がりになっています。

12.3インチで解像度1920×720ピクセルのツインデジタル画面搭載。

ドライバーは、クラシック、スポーツ、プログレッシブの3タイプから選択することができます。

 

E-Klasse Interieur E-Class Interior

画像出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160105/20160105203717.jpg

 

新型メルセデス・ベンツEクラスのスペック・装備について

グレード エンジン 変速機 駆動方式 最高出力
E200 直列4気筒 2.0L ターボ 9AT(9G-Tronic) FR 181ps
E220d 直列4気筒 2.0L ディーゼルターボ 192ps
E300 直列4気筒 2.0L ターボエンジン 241ps
E350d V型6気筒 3.0L ディーゼルターボ 255ps
E350e プラグインハイブリッド 275ps

新型メルセデス・ベンツEクラスは、9速オートマチックトランスミッション(9G-Tronic)を全グレードに装備。

全長は4923mmで現行モデルより43mm長くなり、全幅は1852mm、全高は1468mm、ホイールベースは2939mmと現行モデルより66mm長くなっています。

また、アルミニウムハイブリッド構造の軽量アーキテクチャーMRAを採用し、空気抵抗係数(Cd値)は0.23と走行効率がアップしました。

 

その他の搭載されている装備

・ナビの情報や標識を認識することにより走行速度を調節する「スピードリミットパイロット」

・急な車線変更時にトルク配分を適正に行う「Evasiveステアリングアシスト」

・外部からスマートフォンを操作し駐車が可能な「リモートパーキングパイロット」

・車輌間通信により危険を察知する「Car-to-X コミュニケーション」

・側突時に乗員を中央に寄せ安全を確保する「プレセーフ インパルスサイド」

・ダッシュボード中央に大型モニターを採用。12.3インチワイドモニターをオプション設定

・ドライバーメーターも、アナログとデジタルの2種類を用意
(デジタルスクリーンは12.3インチ)

・ステアリングホイールに、世界初の「タッチセンサー コントロールスイッチ」を採用。ステアリングホイールを握ったまま、指のスワイプにより、インフォテインメントシステムの全ての操作が可能

 

価格に関しては、675万円~となっています。

 

新型メルセデス・ベンツEクラスの維持費(車税・車検代相場)

エコカー減税【自動車重量税:免税】【自動車取得税:非課税】+グリーン化特例【自動車税:概ね75%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税込み)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード/駆動 減税額 納付 減税額 納付 減税額 納付額
E 220 BlueTEC
AVANTGARDE
(2WD)
6,870,000円 30,000円 免税 約171,800円 非課税 約33,500
約11,500
エコカー減税合計 約 201,800 円
E 220 BlueTEC
AVANTGARDE
(※1)(2WD)
7,080,000円 30,000円 免税 約177,000円 非課税 約33,500
約11,500
エコカー減税合計 約 207,000 円
E 350 BlueTEC
AVANTGARDE
(2WD)
8,400,000円 30,000円 免税 約210,000円 非課税 約38,000
約13,000
エコカー減税合計 約 240,000 円
E 350 BlueTEC
AVANTGARDE
(※1)(2WD)
8,610,000円 30,000円 免税 約215,200円 非課税 約38,000
約13,000
エコカー減税合計 約 245,200 円

(※1)オプションの「パノラミックスライディングルーフ」装着車

エコカー減税【自動車重量税:25%減税】【自動車取得税:40%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税込み)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード/駆動 減税額 納付 減税額 納付 減税 納付額
E 300 4MATIC
AVANTGARDE
(※3)2WD
8,344,000円 7,500
22,500
約83,400
約125,200
約58,000
エコカー減税合計 約 90,900 円

 

エコカー減税【自動車重量税:25%減税】【自動車取得税:20%減税】

対象グレード メーカー
希望小売価格
(消費税込み)
自動車重量税 自動車取得税 自動車税
(登録翌年度)
グレード/駆動 減税額 納付額 減税額 納付額 減税 納付額
E 300 4MATIC
AVANTGARDE
(2WD)
7,870,000円 7,500円 22,500円 約39,400円 約157,400円 58,000
エコカー減税合計 約 46,900 円
E 300 4MATIC
AVANTGARDE
(※1)(2WD)
8,080,000円 7,500円 22,500円 約40,400円 約161,600円 58,000
エコカー減税合計 約 47,900 円
E 300 4MATIC
AVANTGARDE
(※2)(2WD)
8,134,000円 7,500円 22,500円 約40,700円 約162,700円 58,000
エコカー減税合計 約 48,200 円

 

(※1)オプションの「パノラミックスライディングルーフ」装着車

(※2)パッケージオプションの「AMGスポーツパッケージ」装着車

(※3)パッケージオプションの「AMGスポーツパッケージ」+オプションの「パノラミックスライディングルーフ」装着車

 

メルセデス・ベンツEクラスの買取相場や中古・型落ち相場について

Eクラスは、メルセデス・ベンツの中でも中核クラスの人気車種なので、平成20年式の8年落ちE 300 アバンギャルドS_RHD(AT_3.0)が走行が4,5万kmで100万円以上の査定額がついています。

 

新型メルセデス・ベンツEクラスの保険料相場

年齢、免許証、割引等級 代理店型 ダイレクト系・通販型
18~20歳、グリーン、新規契約 290,000円 200,000円
21~25歳、ブルー、新規契約 155,000円 105,000円
26~29歳、ゴールド、10等級 58,000円 44,000円
30歳以上、ゴールド、16等級 37,000円 28,000円

また、使用用途によっても保険料は変わってきますので、まずは色々な保険会社の見積もりを出してご自身に合った保険を選ぶことをお勧めします。※補償内容は対人無制限、対物無制限、人身傷害5,000万
※2.保険料は年齢、補償内容、保険会社、等級、車種によって変わります。

現在インターネットであれば、複数の保険会社の見積もりを一括で無料見積もりを出せるサービスがあります。

従来の保険と違って、面倒な勧誘電話や訪問などもありませんし、各種保険会社の保険料を一覧で見ることができますので保険選びとしては非常に便利です。

 

新型メルセデス・ベンツEクラスの値引きについて

新型メルセデス・ベンツEクラスの値引きに関してですが、25万円程度となっています。

ですが、ライバル車種と引き合いに出していくことで目標としては40万円程度はいきたいところです。

 

新型メルセデス・ベンツEクラスと引き合いに出すライバル車種

新型メルセデス・ベンツEクラスと引き合いにライバル車種で言えば、

・BMW5シリーズ

・アウディA6

・レクサスGS

といったことろでしょうか。

 

下取り車種がある場合はどうすべきか?

ディーラーにて新車購入をするときに注意したいのが

「下取り車で調整します。」

という営業マンの対応トークです。

本当は値引きは難しいのだけれども、下取り車を高く買い取る形で結果的に新車を安く見せる。という営業トークなのですが、これは業界の人間から言わせればお客側に何も得はありません。

何故ならば、ディーラーに下取りを出しても相場以下の金額でしか買い取らないからです。

中古車の買取専門業車に依頼をすれば、150万円で売れた車がディーラーに下取りを出すと100万円で終わる。なんてことも珍しくないのが現状です。

ですので、まずはディーラーに欲しい車を見に行く前に、まずは中古車買取業車の見積もりを取っておいて、今あなたが乗っている車の買取相場を把握してから行くと良いでしょう。

かんたん車査定ガイド公式サイト

スクリーンショット 2016-05-31 19.57.51

・車種名を購入して友人や知り合いに言ったらバカにされた。

・それなら、○○をやってから買えば良かったのに!

・こんなことなら、もっと早くに気付いておけば良かった!

そうならない為に一度チェックしておきましょう。

シェアをして車買取情報.comを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です